PC Windowsキーの役立つショートカット機能を解説

PC Windowsキーの役立つショートカット機能を解説

Windowsキーの役立つショートカット機能を解説

「Windowsキー」とは、キーボードの左下「Ctrl」または「Fn」キーと「Alt」キーとの間にあるWindowsのロゴマークが印字されたキーのことです。今回は、この「Windowsキー」の役立つ機能について紹介したいと思います。

くるみこ
くるみこ

Windows「ロゴ」キーをまだ一度も使ったことが無いなんていう人もいるのではないでしょうか? 「Windowsキー」をうまく活用できれば作業効率もUPできるはずですよ!

【この記事でわかることは】
・Windowsキーの役立つショートカット機能について
・ウィンドウのスナップ機能について

Amazon Excelショートカット関連のおすすめ書籍を開いてみる
スポンサーリンク

Windowsキーの機能と利用方法

「Windowsロゴ」の付いたキーの場所(配置)を画像で確認しておきます。赤枠で囲んだキーです。

キーボード上のWindowsキーの位置

ロゴのデザインはWindowsのバージョンによって変化しています。画像はWindows10のデザインで、Windows11では真四角になっています。もっと前のバージョンでは丸枠があったりします。

Windowsキー単体の機能

まずWindowsキー単体ではどのような機能なのか確認しましょう。
※以降「Windowsロゴキー」=「Win」と一部省略して表記します。

Win 単体を押すだけでは何も起きませんが、離す(戻す)際に「スタートメニュー」が表示されます。「スタートメニュー」はデスクトップ左下の「Windowsロゴアイコン」をクリックした時に表示されるメニューです。

「Win」+ 他のキーを組み合わせたショートカット機能

Win 単体に割り当てられている機能は「スタートメニュー」を表示するだけでしたが、Win には機能キー(Ctrl,Shift,Fnなどと同じ)としての役割があります。他のキーを組み合わせることで様々な便利機能が使えます。

次の表は「Win」+「その他のキー」に割り当てられている機能の一覧です。
※いつもよく使っているものを赤太字にしています。
Windows10と11共通の機能です。

選択キー機能(動作内容)
Win + Dデスクトップを表示する/非表示にする
Win + Eエクスプローラーを開く
Win + I[設定]を開く
Win + LPCをロックする
Win + Mすべてのウィンドウを最小化する
Win + R[ファイル名を指定して実行] ダイアログボックスを開く
Win + S[検索]を開く
Win + Shift + S画面の指定部分のスクリーンショットを撮影する
Win + X[クイックリンク] メニューを開く(Winロゴ右クリックと同じ)
Win + Tabタスクビューを開く
Win + ↑ウィンドウサイズを最大化する
Win + ↓ウィンドウサイズを最小化します(最大→通常→最小化)
Win + ←ウィンドウを左側半分に最大化する(左半分→右半分→通常)
Win + →ウィンドウを右側半分に最大化する(右半分→左半分→通常)
Win + Homeアクティブウィンドウ以外はすべて最小化する/2回目で復元する
Win + 「+」拡大鏡を開く(さらに「+」で拡大「-」で縮小)

赤太字で表示した機能について少しだけ補足します》

【Win+D】デスクトップを表示する/非表示にする
・これは、Windowsタスクバーの右端をマウスでクリックしたのと同じです。
・ウインドウを隠したい場合一瞬でデスクトップ表示に切り替えることができます。

【Win+L】PCをロックする
・離籍する場合など、大切な情報の漏洩を防止することができます。
・復帰する場合はPWの入力が必要ですが、必ず使うようにしたいものです。

【Win+←】ウィンドウを左側半分に最大化する(左半分→右半分→通常)
【Win+→】ウィンドウを右側半分に最大化する(右半分→左半分→通常)

・この二つは左右に違いだけで機能は同じです。
・ウィンドウを並べて表示する際に非常に便利です。
・左右どちらかに表示後キーを離すと「スナップアシスト」が働いて、他のウィンドウがすべて反対側の空いた領域に縮小版として表示されます。反対側に表示したい縮小版を選択すれば、2つのウィンドウを左右に並べて表示できます。ウィンドウの境界線を選択してドラッグすれば、両方のウィンドウを同時にサイズ変更できます。
※この「ウィンドウのスナップ機能」については後でもう少し解説します。

Windows11で追加・変更された機能

Windows11で新しく「追加」された設定や機能が「変更」されたものの一覧です。
※よく使っているものを赤太字にしています。

選択キーWindows11の機能(動作内容)Windows10での機能
Win + Aクイック設定を開くアクション センターを開く
Win + CMicrosoft Teamsから[チャット]を開くCortanaを聞き取りモードで開く
Win+Ctrl + Cカラーフィルターを有効にする
Win+Alt + BHDRのオン/オフを切り替える
Win + H音声入力を起動するディクテーションを開始する
Win + K[クイック スタート] から [キャスト] を開く[接続]クイックアクションを開く
Win+Shift + M最小化されたウィンドウを復元する
Win + N通知センターと予定表を開く
Win+Alt + Rゲームウィンドウのビデオを録画する
(XboxGameBar使用時)
Win + Wウィジェットを開く/閉じる
Wind + Zスナップレイアウトを開く
※スナップはウィンドウを整列表示する機能
全画面表示モードのアプリで
使用できるコマンドを表示する
Win+Shift +↑アクティブウィンドウを上下に最大化する
Win+Shift +↓アクティブウィンドウを最小化する
Win+Esc拡大鏡を閉じる
Win+PrtScrスクリーンショットをファイルに保存する
Win+Alt+PrtScrゲームウィンドウのスクリーンショットを
ファイルに保存する(XboxGameBar使用時)

ウィンドウのスナップ機能について

スナップ機能とは、アプリなど複数のウィンドウを整列表示する機能です。
Windows11【Wind + Z】スナップレイアウトを開くができるようになったので少し解説しておきたいと思います。

スナップレイアウトの画像
スナップレイアウト
スナップレイアウトから配置を選択

・デフォルトで「ウィンドウのスナップ」が有効化されているので、今まで「最大化」や「元に戻す(縮小)」などとなっていたアイコンで「スナップレイアウト」が表示されます。
※「ウィンドウのスナップ」機能は無効にすることができます(後段で解説)
・右側の画像で青色の部分が「スナップレイアウト」を選択しているところです。
・4種類あるレイアウトの左下のレイアウト(左半分+右上下)の左部分に配置します。

スナップレイアウトの配置①

・選択した左半分に配置されました。

・右上半分の部分に縮小版のウインドウが見えています。

・配置したいウインドウを探してクリックします。

スナップレイアウトの配置②

・選択したウインドウがピッタリと張り付きました。

・今度は右下半分に縮小版のウインドウが表示されました。

・配置したいウインドウを探してクリックします。

スナップレイアウトの配置③

・選択したウインドウがピッタリと張り付きました。

・各ウインドウの密接部分をマウスで選択してドラッグすれば、同時にサイズ変更できるので本当に楽でうれしいです。

・スナップしたウインドウはタスクバーのアイコンを見ると「グループ化」されていることがわかります。

スナップしたウインドウは「グループ化」される

「ウィンドウのスナップ」の無効化/有効化

[設定] > [システム] > [マルチタスク] から「ウインドウのスナップ」をオンオフを切り替えることができます。設定項目を個別に変更することも可能です。

Windows10 と 11 では設定項目が違っていますのでそれぞれの画像でご確認ください。

・右側の画像が Windows10 です。
・下の画像が Windows11 です。

Windows10の「ウインドウのスナップ」設定
Windows11の「ウインドウのスナップ」設定

各項目の細かい解説については省略します。
不明な点はヘルプのリンクを参照願います。

スポンサーリンク

Amazon Excelショートカット関連のおすすめ書籍を開いてみる

スポンサーリンク

まとめ(おわりに)

以上、Windowsキーの役立つ機能について紹介しました。他のキーと組み合わせたショートカットについては、自分がいつも使っていて便利だと思ったものを中心に紹介してみました。

くるみこ
くるみこ

テレワークやオンライン会議などが増えている状況では、今回紹介したWindows11で新しく追加設定された「ショートカットキー」が活躍するのではないでしょうか。
実際にキー操作して動作確認してみてください。そして、普段行っている作業と比較して「この方が使いやすくて便利だな」と思ったものだけ覚えておけばいいと思います(^^)/

★★★ ブログランキング参加中! クリックしてね(^^)/ ★★★

スポンサーリンク

親サイトの紹介

当サイト tweb.tokyo の親ブログサイトは、Excel VBAに関する記事をメインに2020年4月から運営を継続しています。

お時間があれば、下のカードからリンク先までお越しください。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました